【内藤雄士の目】松山&遼 このペアなら必ず良い結果が出る

[ 2016年11月28日 09:30 ]

男子ゴルフ国・地域別対抗戦ISPSハンダW杯最終日 ( 2016年11月27日    オーストラリア・メルボルン キングストン・ヒースGC=7111ヤード、パー72 )

バーディーパットを沈めて石川遼とグータッチする松山
Photo By スポニチ

 優勝には届かなかったが、2人とも良いゴルフを見せてくれた。序盤からバーディーチャンスをつくっていたし、1日10アンダーが出てもおかしくない内容だったと思う。

 松山のアイアンショットの切れは抜群だった。スコアを伸ばしきれなかったのはショットでつくったチャンスを決められなかったからだ。ただパットの調子は悪くない。少しラインが違ったりしてわずかに外れているだけだ。国を背負い期待に応えたいという気持ちが強すぎて空回りしたのだと思う。

 石川もアイアンショットの精度が高かった。初日は緊張していたが最終日は集中して迷いなくクラブを振れていた。ここ1、2年は米ツアーで不本意な戦いが続いている。どうやったら自分が世界で通用するのかという迷いがあったのかもしれない。今大会で世界のトップ10に入っている松山とペアを組んで世界の強豪と戦ったことで自分のゴルフをすれば世界でも通用すると確認できたのではないか。会話やラインの読み方などを見ていても2人のコンビネーションは日を追うごとに良くなった。次回このペアでプレーすることがあれば必ず良い結果が出ると思う。(ツアープロコーチ)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月28日のニュース