流通経大、選手権へ手応え 優勝逃すもロスタイムPGで劇的勝利

[ 2016年11月28日 05:30 ]

関東大学ラグビーリーグ戦1部 ( 2016年11月27日    秩父宮 )

 流通経大は後半38分に追いつかれたものの、ロスタイムに得たペナルティーでSO東郷(4年)が40メートルのPGを沈めて劇的な勝利。内山達二監督は「勝ったことはチームにとって大きな成果」と選手を称えた。

 後半11分にはWTB当麻(4年)のトライとゴールで14点差とし、得失点差による優勝ラインを上回ったが、リードを保てなかった。それでも広瀬主将(4年)は「いい経験になった」と話し、大学選手権への手応えを得た様子だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月28日のニュース