羽生 19歳69日の金メダルは史上2番目の若さ

[ 2014年2月16日 05:30 ]

ソチ五輪フィギュアスケート男子フリー

(2月14日 アイスベルク・パレス)
 19歳69日の羽生は48年サンモリッツ五輪を18歳202日で制したリチャード・バットン(米国)に次いで史上2番目の若さでフィギュア男子の金メダルに輝いた。

 全競技を通じた日本選手の冬季五輪史上最年少金メダリストは、98年長野五輪に出場したスピードスケート・ショートトラックの西谷岳文(19歳35日)で、羽生とはわずか1カ月あまりの差だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月16日のニュース