荻原健司氏が祝福「結果がすべて。葛西が教えてくれる」

[ 2014年2月16日 06:44 ]

荻原健司氏

ソチ五輪ジャンプ男子ラージヒル決勝

(2月15日)
 7度目の五輪で初めて個人のメダルを獲得した葛西紀明(41=土屋ホーム)を、スキーノルディック複合の五輪金メダリストの荻原健司氏(44)が自身のブログで祝福した。

 荻原氏は92年アルベールビル大会から02年ソルトレイクシティ大会まで4度の五輪で共に出場。年齢が近く、引退後も様々な形で選手をサポートしてきただけに、「“執念”の銀メダル。しかし、葛西紀明の苦悩を知る者として“執念で獲ったメダル”では言葉が軽すぎる」と言葉使いを選びながらねぎらった。

  だが、その「苦悩」もメダルを獲った今となってみれば、「説明することにも、今、意味はなくなった」。それは「結果がすべて。葛西が教えてくれる」から。

 「本当に、本当におめでとう」。短い言葉に大きな、深い思いを込めて最大限の称賛を送った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月16日のニュース