中村らを追加で選出 シンクロアジア大会代表

[ 2014年2月16日 14:27 ]

 日本水連は16日、9~10月に開催される仁川アジア大会と、10月にカナダで行われるワールドカップ(W杯)に出場するシンクロナイズドスイミングの日本代表として、中村麻衣(井村シンクロク)箱山愛香(アクラブ調布)ら8人を追加で発表した。

 既に代表入りが決まっていた乾友紀子(井村シンクロク)三井梨紗子(東京シンクロク)計盛光(サンケイST)と合わせ、計11人となる。デュエットは乾と三井が組む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月16日のニュース