カーママ小笠原「5人で勝ち取った勝利」吉田「次に」

[ 2014年2月16日 23:04 ]

<日本・スイス>スイスに勝利し、抱き合い喜ぶ小笠原(右から2人目)ら

 ソチ五輪第10日(16日)、カーリング女子の日本代表(北海道銀行=世界ランク9位)は1次リーグ7戦目で世界ランク4位のスイスと対戦。延長戦を9―7で制し、準決勝進出に望みをつないだ。

 ▼苫米地美智子の話 第10、11エンドでガードをずらすショットが決められず、後ろのメンバーに負担をかけて悔しい。もっといい試合をして、ベストを尽くしたい。

 ▼吉田知那美の話 これまでは小笠原さん、船山さんが頑張ってきたが、私たち若手が2人をサポートできるようにと頑張った。このまま次につなげたい。

 ▼船山弓枝の話 やっと連敗から脱出した。もっと早い段階で(3勝目を)挙げたかったけど、ホッとしている。このままの勝率で(日本に)帰りたくないという思いもあった。

 ▼小笠原歩の話 (第10エンドのミスは)ああいうところで決めてこそスキップ。緊張していたわけではなくて、普段通りに投げたつもりだった。第7エンドで2点取れたことは大きかった。5人で勝ち取った勝利だと思う。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月16日のニュース