野村 39位「できる日もあれば、できない日もある」

[ 2014年2月16日 18:46 ]

 米女子ゴルフツアーのISPSハンダ女子オーストラリア・オープンは16日、メルボルンのビクトリアGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、16位から出た野村敏京(のむら・はるきょう)は2バーディー、8ボギーの78と崩れ、通算1アンダーの287で39位だった。上原彩子は2バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの76で通算イーブンパーの288で45位。

 68と伸ばしたカリー・ウェブ(オーストラリア)が通算12アンダー、276でツアー通算40勝目を挙げ、賞金18万ドル(約1840万円)を獲得した。1打差の2位にチェラ・チョイ(韓国)が続いた。

 ▼野村敏京の話 ゴルフはできる日もあれば、できない日もある。しょうがない。疲れかもしれない。米ツアーは体力。筋肉をつけるトレーニングをしたい。

 ▼上原彩子の話 風もあって難しく、大変な一日だった。最後バーディーを取れて、オーストラリアを去れるのでうれしい。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月16日のニュース