真央、表情すっきりソチ入り 15日の練習には姿見せず

[ 2014年2月16日 05:30 ]

ソチに戻ってきた浅田

ソチ五輪フィギュアスケート女子SP

(2月19日)
 フィギュアスケート女子の浅田真央(23=中京大)が15日、個人戦(19日SP、20日フリー)に向け、アルメニアの首都エレバンに日本チームが用意した前線基地から予定より2日早くソチへ戻った。

 紺色のジャケットに白パンツという日本選手団公式服装に白いニット帽をかぶり、到着ロビーに現れた。韓国のテレビクルーに取り囲まれ、係員が「正面を空けてください」と制止する場面もあった。

 浅田は取材対応しなかったが、すっきりした表情。十分な練習時間を確保して復調の手応えをつかんだ様子だった。佐藤信夫コーチは「落ち着いて練習できたか?」という質問に「はい」と力強く答えた。15日午後にサブリンクで行われた練習には姿を見せなかった浅田だが、今後は集大成となる最後の大舞台に向けて仕上げの調整に入る。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月16日のニュース