日本、周回遅れで16位 男子40キロリレー

[ 2014年2月16日 21:18 ]

ソチ五輪 ノルディックスキー距離

 男子40キロリレーで宮沢大志(早大)吉田圭伸(自衛隊)成瀬野生(白馬ク)レンティング陽(アキラ)の日本は周回遅れのタイムなしで、最下位の16位に終わった。2007年世界選手権15位を下回り、五輪、世界選手権を通じた最低の成績となった。

 日本は第3走者の成瀬が先頭に迫られ、最終走者のレンティングはスタートできなかった。

 スウェーデンが1時間28分42秒0で制し、最多の優勝回数を6に伸ばした。2位はロシア、3位がフランスだった。

 ▼成瀬野生の話 ものすごく残念な結果。僕でゴールできなくなり、申し訳ない。自分としてはこれで一区切りと前から考えていた。(共同)

 ▼宮沢大志の話 体調も気持ちも安定していたのでもう少し走れると思った。力を出せなかった。最初に流れをつくれず、チームに申し訳ない。(共同)

 ▼吉田圭伸の話 何とか追いつこうとして飛ばしたが、後半に苦しくなった。これほど実力がない自分を恨んだ日はない。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月16日のニュース