リコー開幕3連敗…それでも指揮官「悪くない」

[ 2012年9月15日 06:00 ]

トップリーグ第3節第1日 リコー19―37サントリー

(9月14日 秩父宮)
 昨季上位との対戦が続いた開幕3連敗にリコー・山品監督は「雰囲気は悪くない」と話した。

 特にこの日は、目指す「スピードラグビー」を披露。ボールキープ自体ができなかった前戦に比べて、意図した攻撃で3トライを奪った。勝ち点は0のままだが、でん部肉離れの小松主将に代わってゲーム主将を務めた長江は「一人一人が頼もしかった」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年9月15日のニュース