原と若林 プレー取り消しに驚き

[ 2012年9月15日 00:08 ]

全英女子ゴルフ第2Rは悪天候で中止

 中断後にプレー取り消しとなる珍しい経験をした原と若林は、驚きを隠さなかった。

 10番から第1組で出た原は、同組のカー(米国)とペテルセン(ノルウェー)が終始、試合続行が難しいと主張していたことを明かした。台風並みの風が吹き、12番のグリーン上では置いたボールが動くほど。原は「ピンの上50センチにあったボールがピン下2メートルくらいまでいっちゃった」と目を丸くした。

 若林は開始直後の10番のグリーン上でプレーを打ち切った。「中断までは、こういうこともあると思ったが、成績のキャンセルにはびっくり」と話した。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年9月15日のニュース