7連勝5人は5年ぶり 8日目も勝てば23年ぶり

[ 2012年9月15日 19:38 ]

大相撲秋場所7日目

(9月15日 両国国技館)
 今場所は大関3人が早々に休場したが、7日目を終えて全勝が5人と賜杯レースは混戦模様だ。これは横綱朝青龍や大関だった白鵬、魁皇らが勝ちっ放しだった5年前の夏場所以来。8日目も5人が全員勝つと、6人が全勝だった1989年春場所以来、23年ぶりの多さとなる。

 平幕では夏場所を制した旭天鵬と高安が元気いっぱい。取組を編成する審判部の鏡山部長(元関脇多賀竜)は「後半戦に入ると、優勝争いをしている平幕を上と当てられて、ちょうどいい。いい取組になるんじゃないのかな」と期待した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年9月15日のニュース