有村、逆転Vへ静かな闘志「追い詰められるゴルフができれば」

[ 2012年9月15日 20:18 ]

マンシングウェア東海クラシック第2日

(9月15日 愛知県新南愛知CC=6402ヤード、パー72)
 有村は四つスコアを伸ばしたものの、首位との差は1打しか縮まらず「少し足りなかった」と不満そうだった。

 4番(パー3)でティーショットがグリーンをオーバーするなど、前半に二つボギーをたたいた。それでも初日よりパットが改善され、6個のバーディーを奪って2週連続優勝に望みをつなげた。前週はトップで臨んだ最終日に下位の猛追を受けた。今度は追う立場での決勝ラウンドに「追い詰められるゴルフができれば」と、逆転優勝へ静かに闘志を燃やした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年9月15日のニュース