遼、決勝進出!6差も手応え「ショットは悪くない」

[ 2012年9月15日 06:00 ]

予選通過を決めた石川(右)は今田と笑顔で話す

男子ゴルフツアー ANAオープン第2日

(9月14日 北海道北広島市 札幌ゴルフ倶楽部輪厚コース=7063ヤード、パー72)
 最終18番をバーディーで締めくくり69でフィニッシュ。通算4アンダーとした石川がホストプロとして臨んだ今大会で2年ぶりの決勝進出。ショット、パットとも初日に比べて安定感が増し、パー5で3バーディーを奪いスコアを伸ばした。

 内容にも「アイアンの距離感が合わなかったが、ショットは悪くないし、ショートパットのミスはなかった」と手応えを感じている。26位とはいえトップとはまだ6打差。「あすは差を半分にして、最終日に優勝を争えるようにしたい」と逆転の青写真を描いている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年9月15日のニュース