金亨成が首位 藤田2位 遼くん13位浮上

[ 2012年9月15日 15:26 ]

 ANAオープン第3日(15日・北海道札幌GC輪厚=7063ヤード、パー72)6位から出た金亨成(韓国)が9バーディー、2ボギーの65をマークし、通算14アンダーの202でトップに立った。65で回った藤田寛之が2打差の2位につけた。

 通算10アンダーの3位に池田勇太、宮里優作、近藤共弘、室田淳ら10人が並んだ。前日26位の石川遼は67で回り、9アンダーの13位に浮上した。(出場68選手=アマ1、晴れ、気温28・2度、南の風3・6メートル、観衆5400人)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年9月15日のニュース