綱とり日馬富士が7戦全勝 白鵬、稀勢の里も無敗堅持

[ 2012年9月15日 18:46 ]

 大相撲秋場所7日目は15日、両国国技館で行われ、綱とりの大関日馬富士は臥牙丸を左下手投げで下し、7戦全勝とした。23度目の優勝を狙う横綱白鵬も豊真将をはたき込み、初日から7連勝。

 他の大関は稀勢の里が新小結碧山を押し出して無敗を堅持し、鶴竜は松鳳山をはたき込んで6勝目を挙げた。新関脇妙義龍も魁聖を押し出して1敗をキープした。

 全勝は平幕旭天鵬、高安を含めた5人で、7日目を終えて5人勝ちっ放しは2007年夏場所以来。1敗で安美錦、隠岐の海を加えた4人が追う。十両は新十両丹蔵が1敗で単独首位。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年9月15日のニュース