旭天鵬「経験のたまもの」自画自賛の自己新6連勝

[ 2012年9月15日 06:00 ]

大相撲秋場所6日目

(9月14日 両国国技館)
 旭天鵬が熟練の技で隠岐の海との全勝対決を制した。右上手を許して寄られたが、左下手を引きつけながら右の突き落としで体を入れ替え、そのまま寄り切り。自己新の初日から6連勝に頬は緩みっぱなし。

 「(技を出すのが)もう少し俵の手前なら残されていた。うまいタイミング。経験のたまものと言っておこうか」と自画自賛。部屋の後輩・旭日松は1敗を守って奮闘中で「あいつも気持ちのいい相撲を取るからな」と刺激を受けている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年9月15日のニュース