久保と鈴木が主力組2トップ U―22代表沖縄合宿

[ 2015年12月26日 18:38 ]

 サッカー男子のリオデジャネイロ五輪最終予選へ向け、沖縄県石垣市内で合宿中のU―22(22歳以下)日本代表は26日、午前、午後と2度の練習でクロスボールに対するゴール前の攻防や攻撃の組み立てを磨いた。午後にはミニゲームも実施し、主力組とみられるチームでは久保(ヤングボーイズ)と鈴木(水戸)が2トップを組んだ。

 五輪最終予選を兼ねてカタールで開催されるU―23(23歳以下)アジア選手権は来年1月12日に始まり、1次リーグB組の日本は北朝鮮、タイ、サウジアラビアと対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年12月26日のニュース