J3降格の栃木、J1昇格の大宮からGK川田が育成型期限付き移籍

[ 2015年12月26日 13:37 ]

 来季J3へ降格する栃木は26日、来季J1へ昇格する大宮からGK川田修平(21)が育成型期限付き移籍で加入すると発表した。期限付き移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日まで。

 川田は栃木を通じ、「栃木SCサポーターの皆さん、関係者の皆さん、初めまして!大宮アルディージャから育成型期限付き移籍で加入させていただくことになりました、川田修平です。栃木の一員として、栃木SCをJ3優勝、そして1年でJ2昇格を果たすために全力で頑張ります。応援よろしくお願いいたします」とコメント。

 大宮を通じては、「この度、栃木SCに育成型期限付き移籍することになりました。今回の移籍については非常に悩みましたが、ユースから僕を育てていただいたこのクラブへ、そして大宮アルディージャを応援してくださる方々へ恩返しをするためのステップとして移籍を決断しました。大きく成長して大宮に帰ってきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いいたします」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年12月26日のニュース