甲府 MF若杉の育成型期限付き移籍期間延長 来季も福井でプレー

[ 2015年12月26日 16:30 ]

 J1甲府は26日、北信越リーグのサウルコス福井に育成型期限付き移籍しているMF若杉好輝(20)の育成型期限付き移籍期間を延長すると発表した。移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日まで。

 山梨県山梨市出身の若杉はアカデミー(下部組織)の甲府U―18から2014年にトップチーム昇格。今年6月からサウルコス福井に育成型期限付き移籍していた。2シーズンでJ1出場はなく、北信越リーグでは6試合に出場(0得点)した。

 若杉はクラブを通じ、「アカデミー出身の先輩の堀米選手が京都に移籍し、アカデミーの出身者は私だけになりました。自分自身も結果を残せていない状況で、まずはサウルコス福井のJFL昇格という目標を達成してきたいと思います。目に見える結果を残すことで、サッカー選手として一回り成長して戻ってきます」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年12月26日のニュース