C大阪 大熊強化部長が来季監督に就任「J1昇格を必ず」

[ 2015年12月26日 05:30 ]

J2C大阪の来季監督に就任した大熊強化部長

 J2のC大阪は、FC東京、大宮で監督経験のある大熊清強化部長(51)が来季監督になると発表した。11月にパウロ・アウトゥオリ監督の退任に伴い、リーグ最終戦とJ1昇格プレーオフの計3試合で指揮を執ったが、J1昇格を逃した。

 当面は昨年12月に就任した強化部長と兼務する。日本代表コーチを務めたこともある大熊氏は、クラブを通じて「一人一人が心技体を強化し、強いセレッソに進化してJ1昇格を必ず成し遂げたい」とコメントした。玉田稔社長は起用について「コミュニケーションが取れて選手を伸ばし、育てられる。そして今年の悔しさを知っている」と説明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年12月26日のニュース