J2京都 コーチに佐藤尽氏、フィジカルコーチに前清水・古辺が就任

[ 2015年12月26日 14:11 ]

 J2京都は26日、佐藤尽氏(41)がコーチに、古辺考功氏(45)がフィジカルコーチに、それぞれ就任すると発表した。

 北海道出身の佐藤氏は、現役時代に横浜F、京都、札幌でプレーし、京都へは2002年以来14年ぶりの復帰となる。今季はJ2札幌のU―15チームで監督を務めていた。

 佐藤氏はクラブを通じ、「この度、京都サンガF.C. のトップチームコーチとして就任する事になりました。京都サンガF.C.は古巣であり、また石丸監督とも現役時代に一緒にプレーしたクラブです。そこでまた、サッカーに携われる事を光栄に思っております。チームの目標達成に向けて、全力で取り組んで参りますので、宜しくお願いいたします」とコメント。

 広島県出身の古辺氏は、現役時代に福岡、FC東京などでプレー。現役引退後は柏、札幌などでフィジカルコーチを務めた後、今季は、来季J2へ降格する清水でフィジカルコーチを務めていた。

 クラブを通じ、「京都サンガF.C.でコーチを務められることを光栄に思います。石丸監督を全力でサポートし、チームとしての基盤を作り、京都サンガF.C.が再びJ1の舞台で躍進できるよう、努力していきたいと思います。また、個人的にも7度目の昇格が果たせるよう、日々精進し全力で取り組んでいきたいと思いますので、よろしくお願いします」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年12月26日のニュース