【アルテミスS】ライラック12秒4頭差先着!道悪でも大丈夫

[ 2017年10月26日 05:30 ]

 夏に新潟で新馬勝ちのラッキーライラック(牝=松永幹)が重賞へ。追い切りはCWコースでフェルメッツァ(6歳オープン)と併せ、重いウッドチップで6F81秒9〜1F12秒4と負荷をかけて頭差先着。松永幹師は「2週続けて動きがいい。跳びが大きくて凄くパワフル。道悪になっても大丈夫じゃないかな」と力を込める。既に重賞ウイナー(札幌2歳S勝ちロックディスタウン)を出している新種牡馬オルフェーヴルの産駒。「お父さんのいいところを受け継いでいる」と素質をアピールしていた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2017年10月26日のニュース