【天皇賞・秋】ステファノス 芝単走でビシッ!迫力の12秒0

[ 2017年10月26日 05:30 ]

Cウッドで追い切るステファノス
Photo By 提供写真

 ステファノスは鮫島良(レースは戸崎)を背に芝コース単走。しまいまでビシッと追われ5F66秒9〜1F12秒0。首を沈ませ力強い脚取りで迫力ある身のこなし。「馬場が悪かったので芝でやった。休み明けを使って動きは素軽くなっている」と藤原英師。このレースは一昨年2着→昨年3着と好走。今年は中4週のオールカマー(2着)を叩いての本番。「前走は勝ちにいく競馬で内容は悪くなかった。例年に比べてしっかりと乗り込めている。あとは奇麗な馬場で競馬ができれば」と週末の空模様を気にしていた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2017年10月26日のニュース