【新馬戦 土曜京都5R】伝説の新馬戦の主役だ レッドヴェイロン

[ 2017年10月26日 15:44 ]

 芝1800メートルで行われる土曜京都5Rは将来、“伝説の新馬戦”と呼ばれるはず。好素材がズラリ。その中で一等星の輝きを放つのがレッドヴェイロン(牡=石坂、父キングカメハメハ)だ。母エリモピクシー。兄にリディル、クラレント、レッドアリオン、サトノルパンという4頭の重賞ウイナーがいて、重賞勝ちは計11勝にのぼる。非凡さを感じ取ったのは1週前追い切りに騎乗した武豊だ。CWコース6F85秒3〜1F12秒4は時計的には驚くものではないが、動きは豪快そのもの。雰囲気、威圧感はすでに一流馬のそれ。「距離が“持つ”というより短い感じがしない。馬っぷりも乗り味もいい」と絶賛する。この兄弟、G2勝ちはリディルのスワンS、レッドアリオンのマイラーズCなど4勝あるがG1には手が届いていない。一族の悲願を叶(かな)える大器の登場だ。 

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2017年10月26日のニュース