【天皇賞・秋】レインボー道悪でチャンス!単走馬なり55秒1

[ 2017年10月26日 05:30 ]

馬場開場直後の坂路を単走で追い切られるレインボーライン
Photo By 提供写真

 日曜に坂路52秒5の速い時計を出しているレインボーラインの最終追いは単走馬なりで55秒1。浅見厩舎の最終追い切りの時計にしては通常より2秒ほど速いが、意図したものではない様子。「元気がいいです」とまたがった鮫島駿がパワフルさを強調すると、厩舎の番頭・浅見助手は「夏場を戦わなかったことでフレッシュできた。田んぼのような馬場になったらワンチャンス」と道悪を大歓迎。週末は台風22号が日本に接近。先週菊花賞のような道悪なら仰天浮上がある。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2017年10月26日のニュース