【スワンS】追ってひと言

[ 2017年10月26日 05:30 ]

 ▼セイウンコウセイ(上原師)使われて良くなっていて、動きに迫力が戻った。実績のある京都で改めて見直したい。

 ▼ジューヌエコール(安田隆師)まだ少し重いし、当日はプラス10キロぐらいかな。息遣いもひと息。

 ▼ダノンメジャー(橋口師)相変わらず動きは凄い。後ろから来た馬に並ばれると駄目な馬。初の1400メートルがどう出るかだけど、スムーズに運んで持続力を生かせるようなら。

 ▼ティーハーフ(西浦師)開幕週の前走は度外視。その1戦を除けば安定している。道悪はプラス。

 ▼トウショウピスト(角田師)2走前こそ2着だが、オープンでの実績が物足りない。出来はいいが…。

 ▼トーセンデューク(藤原英師)具合はいいけど、道悪は割引。

 ▼ヒルノデイバロー(昆師)いいピリピリ感があって、走る時の雰囲気。重賞で2、4着がある1400メートルも合うイメージ。

 ▼トーキングドラム(斎藤誠師)1回使って上昇している。前走はモタれたが、結果が出ている関西できっかけをつかんでくれれば。

 ▼ビップライブリー(久保助手)コンスタントに使いながら、状態はむしろ上向き。相手は強くなるが、どこまでやれるか楽しみ。

 ▼フミノムーン(西浦師)注文が付く馬だけど、展開とさばき一つ。うまく運べれば重賞でも通用する。

 ▼ベステンダンク(宇佐見助手)中1週だし強い調教は要らない。レースはうまいけど、重賞でメンバーが強くなるだけに…。

 ▼ムーンクレスト(橋本助手)出来は安定。去年5着のレースだし、前走みたいにスムーズに運べるようなら。外枠が理想。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2017年10月26日のニュース