【アルテミスS】ブレス12秒6反応よし!ルメール好感触

[ 2017年10月26日 05:30 ]

<アルテミスS>ルメールを背に単走で追いきるトーセンブレス
Photo By スポニチ

 土曜東京メイン「第6回アルテミスS」の追い切りが25日、美浦、栗東トレセンで行われた。中山の新馬戦を鋭い末脚で差し切ったトーセンブレス(牝=加藤征)は、新コンビを組むルメールが騎乗してWコース単走。馬なりだが素軽いフットワークで4F54秒2〜1F12秒6をマーク。鞍上は「リラックスしてよく伸びていた。反応が早くて瞬発力がある。走りそうだね」と好感触をつかんでいた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2017年10月26日のニュース