【天皇賞・秋】アンプルール成長手応え!内から鋭脚12秒7

[ 2017年10月26日 05:30 ]

蛯名を背に併せで追い切り、突き抜けたサクラアンプルール
Photo By スポニチ

 サクラアンプルールはWコースで5F71秒8〜1F12秒7。直線追われると鋭く伸び、先行したサンクトゥスレーン(2歳未勝利)を内から一瞬でかわし去った。札幌記念で重賞初Vを飾った後はここを目標に在厩で順調に調整。金成師は「今週はソフトにやり過ぎないように。予定通りの追い切りでいい伸びを見せていた。遅咲きだが、持てる力を全部発揮できる馬に成長してきた」と手応えを口にした。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2017年10月26日のニュース