【天皇賞・秋】(12)リアルスティール ぶっつけ奏功で状態良好

[ 2016年10月29日 05:30 ]

 安田記念(11着)からのぶっつけ参戦になるリアルスティール。追い切り後の馬体重(木曜計測)は前走比プラス18キロをマークしたが「輸送で減るからちょうど良い感じ。落ち着いていて状態はいい。毎日王冠を使わなかったのもいい方向に出ているんじゃないか」と柿崎助手。

 「トレセンでは落ち着いているけど、競馬場に行くとカリカリしてしまうので」と当日のテンションを気にしていた。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2016年10月29日のニュース