【福岡・ダービー】地元の瓜生、白井らが優勝戦進出

[ 2016年10月29日 19:47 ]

 第63回ボートレースダービー(SG)第5日は29日、福岡市の福岡ボートレース場で行われ、3レースによる準優勝戦で地元福岡の瓜生正義ら各レース2着までの6人が優勝戦に進出した。

 第10レースでは白井英治(山口)が2コースから差しを決めて1着となり、1コース進入の松井繁(大阪)が2着。第11レースでは池田浩二(愛知)が1コースから逃げ切り、坪井康晴(静岡)が2着に入った。第12レースでは瓜生が逃げ切り、芝田浩治(兵庫)が2着だった。

 優勝戦は30日午後4時35分発走予定。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2016年10月29日のニュース