【天皇賞・秋】(5)ロゴタイプ 追い切った後「戦闘モード」に

[ 2016年10月29日 05:30 ]

ロゴタイプと田中剛師
Photo By スポニチ

 ロゴタイプは田中剛師が騎乗して、2カ所の角馬場を使い時間をかけてじっくりと体をほぐした。ピカピカに黒光りするボディーから、体調の良さがヒシヒシと伝わってくる。トレーナーは「追い切り後もいい雰囲気。ピリピリしていて戦闘モードに入りましたね」とニッコリ。

 安田記念で逃げ切って朝日杯FS、皐月賞に続くG1・3勝目。今回はハナ候補のエイシンヒカリが最内1番、昨年逃げたクラレントが2番に入ったが、「内の2頭を見ながら運ぶ形になるでしょう。競ってつぶれてしまうのは嫌ですからね」と師はレース展開をイメージ。続けて「田辺も“折り合いをつけようとすると掛かるところがあるので、小細工しない乗り方が合っている”と話している」と明かし、馬のリズムを最優先に運びたい構えだ。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2016年10月29日のニュース