【天皇賞・秋】(7)サトノノブレス GP馬と首差で戴冠資格十分

[ 2016年10月29日 05:30 ]

 サトノノブレスは角馬場から坂路を一本(4F64秒5~1F15秒6)。兼武助手は「追い切った後もいい感じ。体の張りもあるしね」と話した。

 前走・オールカマーは昨年の有馬記念勝ちのゴールドアクターに首差の2着。ここでも戴冠資格は十分だ。同助手は「前走は食い下がっていたし、2000メートルも合っている。展開一つで上位に来てもおかしくない」と闘志を燃やしていた。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2016年10月29日のニュース