【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】29日東京8R 軌道に乗ったワンショットキラーの連勝期待

[ 2016年10月29日 08:00 ]

 今週は月曜(24日)に行われた天皇賞フェスティバルに出演。長く競馬担当をしているだけにイベントで緊張することはないが、来場していたファンの方の「クラレントはどうですか?」という質問に対して、思わず答えに詰まってしまった。自分はノーマークでも出走する以上は好走する可能性があり、質問をした方は同馬に強い思い入れがあるはず。気の利いたコメントを返せなかったことを、大いに反省している。

 あすの天皇賞は、フェスティバルでも本命候補に挙げたモーリスを初志貫徹で◎指名。その資金を、きょう土曜の東京8Rで捻出したい。狙いはワンショットキラー。うまくかみ合わないレースが続いて初勝利に手間取ったが、前走は小回りの中山芝マイルで直線一気の豪快な追い込みV。格上挑戦で2着に善戦した2走前の500万戦(新潟芝1800メートル)を境に、ひと皮向けた印象がある。

 その2走前の走りで、500万クラスでも通用する力があることは実証済み。中6週と少しレース間隔は空いたが、順調に追い切りをしており、動きも実にシャープ。さらなる上積みが見込める。末脚がしっかりしてきただけに、広い東京に替わるのも望むところだ。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2016年10月29日のニュース