【スワンS】2番人気サトノアラジン 直線差し切りV、重賞2勝目

[ 2016年10月29日 15:40 ]

<京都競馬11R・スワンS>川田騎手を背に外からかわすサトノアラジン(手前)が快勝
Photo By スポニチ

 「第59回スワンS」(G2、芝1400メートル・曇・良)は29日、京都競馬場11Rで行われ、川田騎手騎乗の2番人気サトノアラジン(牡5=池江厩舎、父ディープインパクト、母マジックストーム)が直線差し切って優勝し重賞2勝目を飾った。勝ちタイムは1分20秒7。

 1番人気のフィエロ、サトノアラジンが出遅れるスタートとなり、ランドクイーン、エイシンスパルタン、ペイシャフェリス、ブラヴィッシモ、バクシンテイオーが先行集団を形成。ダンスディレクター、サトノアラジンなどは中団から後方につける。その後エイシンスパルタンが先頭に立って最終コーナーを回ると、外からサトノアラジン、サトノルパンが直線で追い上げ、最後はサトノアラジンが一気に差し切った。

 1馬身1/4差の2着にサトノルパン、2着から鼻差の3着にエイシンスパルタンが入った。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2016年10月29日のニュース