【アルテミスS】傾向と対策

[ 2016年10月29日 05:30 ]

 過去4年の結果から傾向を探る(12、13年は格付けなしの重賞として施行)。

 ☆人気 1番人気は【1・2・0・1】で連対率は高いが、一昨年は9番人気ココロノアイ、昨年は12番人気デンコウアンジュが制して中波乱。

 ☆前走 オープン特別以上からの参戦が【2・2・2・17】。500万、未勝利、新馬、地方からの参戦が【2・2・2・39】。

 ☆脚質 逃げ【0・1・0・3】、先行【1・0・2・9】、差し【2・2・2・31】、追い込み【1・1・0・13】。差し馬が優勢。

 結論 ◎トーホウアイレス ○フローレスマジック ▲リスグラシュー

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2016年10月29日のニュース