【メルボルンC】ミロティック最終追い 5Fから上がり重点で同入

[ 2016年10月29日 05:30 ]

 海外馬券発売の第2弾となる豪州G1「メルボルンC」(11月1日、フレミントン)に出走予定のカレンミロティック(セン8=平田)は滞在しているウェリビー競馬場の芝コースで最終追いを行った。レースでも手綱を取るT・ベリーを背に、5Fから上がり重点に動かされ、先行した僚馬カレングラスジョーと同入した。

 平田師は「動きの良かった24日の状態を保つよう5Fでの追い切りを行いました。抜け出すとソラを使うが、その点を考慮して良い併せ馬ができた。思い通りの状態です」とコメントした。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2016年10月29日のニュース