【天皇賞・秋】(4)サトノクラウン 雰囲気良く侮れない存在

[ 2016年10月29日 05:30 ]

昨年惨敗の雪辱を誓うサトノクラウン
Photo By スポニチ

 サトノクラウンは木曜追いを行い、金曜朝はダクを踏んで歩様チェック。橋本助手は「落ち着いていて雰囲気は良さそう」と好状態を伝えた。

 近2走は結果が出ていないが3走前は京都記念で3馬身差の完勝劇。2戦2勝の福永との再コンビ、さらに昨年ダービー3着の実績を考えれば侮れない存在だ。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2016年10月29日のニュース