武井壮“ニンジン作戦”で金メダル獲得後押し!フェンシング日本代表へのビッグボーナス明かす

[ 2021年11月2日 22:21 ]

武井壮
Photo By スポニチ

 タレントで日本フェンシング協会会長の武井壮(48)が、2日放送の日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」(火曜後8・00)に出演。東京五輪で金メダルを獲得したフェンシング男子エペ日本代表の“裏話”を披露した。

 武井はフェンシング男子エペ団体競技で金メダルを獲得した山田優(27)とともにゲスト出演。山田が試合前日に「会長にどうしてもメダルを獲ってくれと言われた」ことを明かし、隣に座る武井をチラリ。そこで武井は「(代表メンバーは)個人戦で期待出来るレベルだったんです。もしかしたらみんなメダル獲れるんじゃないかっていう感じだったのに全員負けたんですよ。それでみんな顔面蒼白になっちゃって…その(団体戦までの)合間の日に急きょミーティングをぶち込んだんですよ」と説明。

 続けて「オンラインでしたけど、明日からの団体戦何としてでもメダルをと言って、勝った暁(あかつき)には会長からビッグボーナスをプレゼントしようという檄を入れました」と明かした。

 司会の明石家さんま(66)から「それでビッグボーナスってどれくらい出したの?」と問われ、武井は「六本木ヒルズでオーダースーツをコーチ含め全員にフルセット」とコメント。さんまが「金ないのに?」と発したのに対し、「金は…ちょっとあったんですよ」と切り返し笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月2日のニュース