NiziU バラエティー初出演で早速“洗礼”、くりぃむ上田「よく受かったなそれで!」

[ 2020年11月23日 22:45 ]

「くりぃむしちゅー」の上田晋也
Photo By スポニチ

 オーディション番組を勝ち抜いて誕生した9人組ガールズユニット「NiziU(ニジュー)」が23日放送の日本テレビ「しゃべくり007」(月曜後10・00)に出演。バラエティー番組初登場で、くりぃむしちゅー・上田晋也(50)から早速“洗礼”を受けた。

 メンバーは「私達ニジューです、よろしくお願いします!」と声を揃えて、初々しくあいさつ。約1年にわたったグループのオーディションを振り返った。

 スター性の審査があったといい、AYAKA(17)はその際に披露した「ちょっと変わったテニス講座」をスタジオで実演した。「テストの点数が悪かったときにストレスがたまりますよね、そんな時はテニスがおすすめです。ふっ、ふっ」と、ラケットを振る仕草。乾いた空気が流れると、上田は「よく受かったなそれで!」とツッコんだ。

 実際、その模様をオーディションで見たプロデューサーのJ・Y・Park氏(48)からも、「AYAKAさんがつかめません」と、言われたそうだ。

 スター性審査で「空手」を披露したRIKU(18)は、「ちょっと変わった空手見せて」との、レギュラー出演陣のムチャ振りに戸惑うもチャレンジ。「ストレスがたまった時は正面突きをしたくなりますよね、そんな時は空手、しゃー、しゃー、これで一発発OK!」。正拳突きの全力パフォーマンスだ。

 すかさず「お前らみんななめてんだろ!」と、キレのよいツッコミを繰り出した上田。「Rー1ぐらんぷりの予選じゃないか、1回戦敗退の」と続け、メンバーは苦笑していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月23日のニュース