岡副アナ 治療で真っ赤な顔に…ファン心配「大丈夫ですか?」「ちょっと心配に」

[ 2020年11月23日 22:37 ]

フリーアナウンサーの岡副麻希
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの岡副麻希(28)が23日、自身のインスタグラムを更新。真っ赤な顔の写真をアップし、フォロワーから心配する声が寄せられた。

 岡副アナは「人生二度目のダーマペン4(受けた直後の写真)」とつづり「やはり日焼け止めとか肌を覆うものはなるべく塗りたくないから塗らないけどその分プロに頼ります」と、肌が回復する力(自然治癒力)を高める治療を受けたと報告。「痛かったけどそれだけ肌がよくなる」と痛みを伴う治療ということもあり、岡副アナの顔は目元以外赤くなっている。それでも「ずっと居座っていたニキビさんも針をさして圧出で出してもらってスッキリ」と、満足している旨を記した。

 この投稿にフォロワーからは「大丈夫ですか?」「ちょっと心配になります」「お大事になさってください」「とても痛そう」などといった心配する声が寄せられた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月23日のニュース