中居正広 「ひっそりと静かにしのぶ」 訃報にコメントしない理由「僕の最低限の配慮」

[ 2020年10月4日 10:18 ]

タレントの中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(48)が4日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。関係者の訃報に接して、追悼コメントを出さない理由を語った。

 番組は、先月27日に急逝した女優の竹内結子さん(享年40)の訃報を取り上げた。

 竹内さんと2001年にTBSドラマ「白い影」で共演していることから、コメントを求められた中居は「ですね、うーん、(SMAPのメンバーとは)全員ヒロインやったんじゃないかな」とコメント。「情報が今回の報道等ですけど、詳しいワイドショーとか見てないというか、見られないんですけど、うーん」と絞り出し、「僕個人のスタンスなんですけど。関係者の人が亡くなった時にコメントを出さないんです」と自身の考えを明かした。

 その理由として「情報が不確かであったり、今回の件に限らず、ご家族もいらっしゃって、プロダクション、会社の人もいらっしゃって、どういう思いかって情報がわからないので、僕の最低限の配慮」と明かした。

 続けて「コメント出さないからといって、思いがないわけでもないですし、思いも思い出もありますし、それは自分の中でコメント出さなくても、しっかりあるから、必ず届いていると信じたい。だから、ひっそりと静かにしのぶことでいいんじゃないかなと思う」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月4日のニュース