戦国王将戦 藤井3冠なるか…挑戦者決定リーグは史上空前のメンバー 全員がタイトル経験者

[ 2020年8月26日 05:30 ]

3冠への歩みを進める藤井2冠
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負で渡辺明王将(36)=名人、棋王との3冠=の対戦相手を決める挑戦者決定リーグ出場の7人が25日、出そろった。この日は東京都渋谷区の将棋会館で2次予選2組の決勝を行い、佐藤天彦九段(32)が糸谷哲郎八段(31)を下して残る1枠の出場権を獲得。同リーグは9月中旬に開幕する。

 まさに選ばれし7戦士。節目の第70期を盛大に彩る最強棋士が挑決リーグに名を連ねた。

 全員が戴冠者またはタイトル経験者。3冠の渡辺を含めれば、全8タイトル保持者が集結した。前期の7番勝負で渡辺にフルセットの末、惜敗した広瀬を筆頭に現役竜王の豊島、今をときめく藤井2冠に永世7冠資格保持者のレジェンド羽生。シードの4人だけでも十分に濃いメンバーだ。

 加えて予選からの勝ち上がり3枠には叡王、王座の2冠を保持する「軍曹」永瀬、名人位連続3期獲得を誇る「貴族」佐藤、そして藤井とタイトル戦を戦ったばかりの「千駄ケ谷の受け師」木村。史上空前とも言うべき豪華な7人が待ったなしの総当たり戦を繰り広げる。21対局すべてが天王山だ。

 記憶に新しい前期は、当時七段の藤井が並み居る先輩棋士を向こうに回し、4勝1敗の好成績で11月19日の最終局へ。勝てば史上最年少のタイトル戦出場という大一番で相星の広瀬と対戦した。その最終盤、勝利寸前まで広瀬を追い込みながら1分将棋のワナに吸い込まれて悪夢の逆転負け。「これが実力です」と言葉を絞り出した。

 大魚を逃した17歳の史上最年少棋士は鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように白星を重ね、今夏は棋聖、王位の2タイトルを瞬く間に奪取。大棋士へと変貌を遂げた遠因としては一敗地にまみれた昨秋の苦い経験が挙げられるだろう。

 誰が名付けたか「将棋界で最も過酷」な「死のリーグ」。勝ち抜いて挑戦権を獲得することすら難事だが、7人中3人が陥落する規定も無慈悲な設定だ。仮に3勝3敗で指し分けても、前期成績に基づく順位の差で5位以下となり、残留に届かないケースも頻発する。今が旬の7巨星が集う今期は、どんなドラマが生まれるのだろうか。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月26日のニュース