大阪人の会話「ちゃうねん」で始まり「知らんけど」で終わる?松本人志弁明「責任取りたくないんですよ」

[ 2020年6月25日 22:36 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)が、25日放送の日本テレビ「秘密のケンミンSHOW極&ダウンタウンDX超豪華合体スペシャル」(木曜後9・00)で、大阪人特有の会話あるあるについて弁明する場面があった。

 「大阪あるある」のコーナーで、大阪人の会話は「ちゃうねん」から始まり「知らんけど」で終わるという話題に。お笑いタレントで大阪府出身の久本雅美(61)は「必ず言うてまうね。絶対言う」とうなずき、兵庫県尼崎出身の松本も「ホンマやねん」と同調する。

 久本は「『ちゃうねん』は否定するんじゃなくて(自分が)話しますよってこと。流れぶった切ってでも入れるよね」と説明すると、お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐(48)が「『ちゃうねん』て否定から入ってるのに、全く同じこと言ってること多くないですか」と鋭く指摘。これを受けて松本は「『ちゃうねん』と『知らんけど』は責任を取りたくないということなんですよ」と話し、共感を誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月25日のニュース