仲邑菫初段 女流最強戦本戦入り 公式戦再開から2連勝「次は頑張ります」

[ 2020年6月25日 19:12 ]

出口万里子初段(右)に白番半目勝ちした仲邑菫初段
Photo By 提供写真

 囲碁の最年少棋士・仲邑菫初段(11)が25日、大阪市内で、第5期扇興杯女流最強戦最終予選の対局に臨み、出口万里子初段(29)に247手で白番半目勝ちし、本戦入りを果たした。

 新型コロナウイルスの影響で18日に公式戦が73日ぶりに再開されて以降2連勝。「前半からずっと悪かった。後半に追いつけて良かったです。次の本戦は頑張ります」と語った仲邑に対し、出口は「前半は良かったのですが、後半はゆるんだり錯覚もあり、残念でした」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月25日のニュース