藤田ニコル明かす 唯一NGの仕事「その才能欲しかったなって。ちょっと悔しくなったりします」

[ 2020年6月25日 11:25 ]

藤田ニコル
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの藤田ニコル(22)が23日、フジテレビ系「セブンルール」(火曜後11・00)に出演。唯一、NGを出している仕事を明かした。

 モデル、テレビタレント、歌手から商品やブランドのプロデュース業までこなす、さまざまな顔を持つニコル。以前から番組への出演を熱望していたニコルからの逆オファーで番組の密着が行われることになった。

 「打ち合わせは聞き流す」「時間には超シビアです」「嫌味なライターの記事はスクショする」「週3回はポケモンセンターに行く」「仕事は自分で決める」「毎日ファンのコメントを見る」などのルールを明かしたニコル。そんな自身について「モデルやって、テレビやって、何になるんだろう」「何でも屋になってきた、マジで」としつつ、「オファーが来るものもあるし、自分から『これやりたい』って言って、そっちのほうが多いですね」ともらした。

 これまでバラエティーにも積極的に出演し、さまざまな仕事に果敢にチャレンジしてきたが、「お芝居の案件とか来ても、ホントに断るんです。それが唯一、今NGですね」と演技の仕事だけはNGを出していることを告白した。

 同局のドラマ「好きな人がいること」(16年7月期)と同作の配信スピンオフドラマ「好きな人がいること~サマサマキュンキュン大作戦~」で1度だけ演技の仕事を経験しているが、演技力の無さに愕(がく)然としたというニコル。「なりきるのが苦手。でも、その才能欲しかったなって思う日もある。ちょっと悔しくなったりします」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月25日のニュース