ノブコブ吉村 無人島購入プラン明かす、お値段1億5000万円「パーティー島を作りたい」

[ 2020年6月25日 18:51 ]

「平成ノブシコブシ」吉村崇
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇(39)が23日放送の日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」(火曜後10・00)で、無人島を購入する意向と明かし、「今、目を付けているのは1億5000万の」と具体的なプランにも言及した。

 高校卒業後、地元・北海道から「ビッグになる」と上京、芸能事務所の養成所に入った吉村。下積み時代を「お金なかったですね」「ジーンズ1本で1年過ごすとか」と振り返った。その後、売れっ子芸人の仲間入り。2000万円の高級車を購入し、現在はタワーマンションに居住しているという。「今こういう生活になって、その時に封じ込められたものが一気に爆発したというか」と語った。

 続けて「狙っている」としたのが、「4500平方メートルで約1億5000万円くらい」の土地。テニスコート約17面分の広大なスペースだ。劇団ひとり(43)から「1億5000万の土地、どういうことでしょう?」と水を向けられると、「これはね、無人島ですね、無人島を買いたいんですよ、それで開拓したいんですよ」と打ち明けた。

 この発言に対して「長崎か広島の無人島を購入予定」と、テロップで補足が。本人は「探している最中。目を付けているのは1億5000万の」と強調した。“破天荒”キャラとしても知られる。「パーティー島を作りたいんですよ」と購入の意図を解説し、「年中、ドンドン音を鳴らして、誰にも怒られないような海賊のような島を私は作りたいんですよ」と壮大な野望を口にしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月25日のニュース