イモトアヤコ、マンション購入時に重視するポイント ラジオで伝授

[ 2020年6月25日 20:49 ]

タレントのイモトアヤコ
Photo By スポニチ

 タレントのイモトアヤコ(34)が25日放送のTBSラジオ「イモトアヤコのすっぴんしゃん」(水曜後9・30)に出演、リスナーからの質問に答え、マンション購入時のポイントを明かした。

 番組ではマンションを買いたいという30歳の独身女性リスナーからのメッセージを紹介。イモトは「いい年齢だと思います。私も31歳の時に買ったのかな。買ってよかったと思っています。全く後悔していません。いいじゃないの!」とノリノリ。

 購入のきっかけは16年のドラマ「家売るオンナ」(日本テレビ)出演だったといい「私も家買ったほうがいいなと思って。そもそも(海外ロケで)家にほとんどいなくて。月に1週間ぐらいしかいないのに、なんで家賃払っているんだろうって思った。買いたい時が買い時だなと思って探しだした」と振り返った。

 気になったのは「間取り」で、「今は一人だけど、もしかしたら彼氏ができるかも、やっぱり2LDKは必要かなとか、子供ができたら3LDKは必要だなとか。まだない未来を考えていたんですけど(笑)、結果的に行き着いたのが、今は一人なんだから、この状態をMAX楽しむための自分に合った間取りを選べばいいと思います。私は1LDKを買いました。どうせ買うなら将来のことを考えて2LDKがいいよとかいろいろ言われたんですが、ここでいいと思って決断して。結果良かったと思います」と独身時代に購入したマンションの間取りを明かした。

 物件見学時のポイントについては「まずは見に行った方がいい。私は朝の明るい時間に見て、夜の暗い時間も見たほうがいいと言われました。あとは晴れの日も雨の日も見たほうがいいと」と挙げてから、「これをやった方がいいと思うのは、どうせ物件を見に行くのだから、自分が住むであろう街も見る。想像が膨らんでワクワクするのかしないのか」と説明。

 特に重視した点は「私は街かなあ。街が一番大事かなあ。駅から家までの動線も確認すると、生活が予想できて楽しくなると思います」と自身の経験を踏まえてアドバイスした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月25日のニュース