氷川きよし 20周年でラジオ20時間ジャック「カテゴライズされないアーティストに」作詞にも意欲

[ 2019年9月23日 17:42 ]

文化放送「氷川きよし20周年記念・20時間スペシャル」に出演した氷川きよし(撮影・信永 真知子)
Photo By スポニチ

 歌手の氷川きよし(42)が23日、文化放送の特別企画「氷川きよし20周年記念・20時間スペシャル」に出演。初の長尺ラジオトークに挑戦した。

 午前3時に起床し本番に臨んだ氷川。「実は朝が弱い」とこぼしながらも「(長時間出演は)すごく楽しい」と笑顔を見せた。「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(月~金後1時~)では「お天気キャスター」にも挑戦。「5時台に読んだときは、緊張して声が震えた」と打ち明けつつ「でも、きちんと伝えるべきことは、きちんと伝えないとと思って、しっかり読みました」と話し、スタッフを感心させていた。

 氷川の新曲「大丈夫」にちなんだコーナー企画「氷川きよしの『ピンチをチャンスに変える 大丈夫スペシャル』では、リスナーからピンチを乗り越えた様々なエピソードが寄せられる中、氷川も自身の“乗り越えた”エピソードを披露。「デビュー2年目に、自分の主張ができるように。それが積み重なって最近は『こうしたい』というイメージが、ハッキリできるようになった」と、今の気持ちを語った。

 出演の合間に行われた会見では「ラジオは難しい。声だけでどれだけの人を励ますことができるかな」と少し悩んだことも打ち明けた氷川。「でも自然体で言いたいことを言わせてもらった。シャリシャリ出るのも、あれかなと思って」と、謙虚な様子も時折見せながら、長時間出演について「フラットな感じでやれば、いいかな。ガーッとやると疲れちゃうますよね?」と、落ち着いた表情も見せた。

 「18歳の頃から書き綴っていた想いを、作詞で表現もしたい」という氷川。今後の展望を聞かれると「変わらないでいたい。見た目も中身も」と断言。さらに「カテゴライズされないアーティストでありたいし、たくさん発信したい。ロックなど、これまでと違ったもので自分を表現したい」と具体的な夢を語り「“人生”を歌いたい。歌で苦しんだり、悩んだりしたことを表現して、人を鼓舞することができれば」と笑顔を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月23日のニュース