草なぎ剛「台風家族」4週目以降も続映決定 「想像を超える反響」受け

[ 2019年9月23日 18:42 ]

今月6日に映画「台風家族」の初日舞台あいさつに出席した(前列左から)甲田まひる、中村倫也、草なぎ剛、MEGUMI、尾野真千子、市井昌秀監督(後列左から)長内映里香、若葉竜也、藤竜也、榊原るみ
Photo By スポニチ

 俳優の草なぎ剛(45)が主演し、今月6日から3週間限定で公開中の映画「台風家族」(監督市井昌秀)が、4週目以降も続映されることが分かった。23日、同映画の公式サイトとツイッターで発表された。

 公式ツイッターでは「嬉しいお知らせ」と題して、「台風家族が、なんと、皆様のおかげをもちまして、続映決定!想像を超える反響と、もっと上映をして欲しいという多くのお声を頂きまして、4週目以降の上映に加え、新規上映の劇場様も決定しました」と報告。全国15劇場での続映が決定したことに加え、今月27日からヒューマントラストシネマ渋谷、10月5日からはテアトル新宿の東京都内2劇場でも上映がスタートすることを発表した。

 同映画は、強制性交罪で起訴され今月2日に初公判が開かれた新井浩文被告(40)が主要キャストで出演。当初は6月の公開予定だったが延期となり、8月に再編集は行わずに3週間限定で公開することが決定した。新井被告の出演シーンはそのままだが、ポスターの写真やクレジットは削除。今月6日の初日舞台あいさつでは、草なぎが「公開にたどり着けたのは、皆さんの応援の声が届いたからです」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月23日のニュース